Knowledge Blog

主に Steps Recorder を使ってKnowledgeを記録するブログです。間違いや分かりにく部分があったらコメントください。

SharePoint Onlineへ接続 PowerShell 初級編

オンプレミスとは違い、SharePoint Onlineではクライアント端末からPowerShellを実行します。
今回は、Client Side Object Model(CSOM)を使用するまでの準備からサンプルプログラムの実行までを記載します。

 

1)インストール
下記サイトからダウンロードします。
SharePoint Online Client Components SDK
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=42038


2)ps1ファイルを実行する場合は、PowerShellの実行ポリシーを変更します。
※このポリシーを変更しておかないと実行できない可能性があります。
PowerShellにて以下のコマンドを実行
Set-ExecutionPolicy RemoteSigned

 

3)サンプルプログラムの実行
下記はサイトのリスト名を取得するコマンドです。

# Read CSOM
[System.Reflection.Assembly]::LoadWithPartialName("Microsoft.SharePoint.Client")
[System.Reflection.Assembly]::LoadWithPartialName("Microsoft.SharePoint.Client.Runtime")

#サイトURL
$siteUrl ="サイトURLを記載"

#ユーザー
$username = "ユーザー名を記載"
$password = Read-Host -Prompt "パスワード:" -AsSecureString

#インスタンス生成
$context = New-Object Microsoft.SharePoint.Client.ClientContext($siteUrl)

#認証情報
$credentials = New-Object Microsoft.SharePoint.Client.SharePointOnlineCredentials($username, $password)
$context.Credentials = $credentials


#リスト情報取得
$Context.Load($context.Web.lists)
$Context.ExecuteQuery()

#リスト名の出力
foreach($objList in $Context.Web.lists)
{
    Write-Host "リスト名 : " $objList.Title
}

 


今後は実践的なサンプルプログラムを紹介していく予定です。