Knowledge Blog

主に Steps Recorder を使ってKnowledgeを記録するブログです。間違いや分かりにく部分があったらコメントください。

【Azule Virtual Machines】WindowsServer2012 R2 日本語化手順

 

今回は、Azuleのサービス、 Virtual Machinesで

WindowsServer2012 R2を作成後、言語を 英語 → 日本語 へ変更する手順を

ご紹介したいと思います。
 
 
言語パックのインストール
 
1)スタートを右クリックして、「ControlPanel」をクリックします。
 
2)「Clock, Language, and Region」下の「Add a language」をクリックします。

3)「Add a language」をクリックします。
 

 
 
4)「日本語」を選択して「Add」をクリックします。
 
5)「日本語」の「Options」をクリックします。
 


6)「Download and install language pack」をクリックします。
※インターネット接続環境が必要です。
 
 
7)インストール完了後、「Close」をクリックします。


 
8)[Make this primary language]をクリックします。
 
 
9)[Log off now]をクリックしログオフします。


 
10)再度ログオンします。言語が日本語に変更されています。
 
 
 

設定言語の変更
 

1)「スタート」→「コントロールパネル」をクリックします。
 
 
2)「時計、言語、および地域」をクリックします。
 
 
3)地域」をクリックします。



 
4)「形式」タブの、コンボボックスから「日本語(日本)」を選択して、「適用」をクリックします。
 
 
 
)「場所」タブの、コンボボックスから「日本語(日本)」を選択して、「適用」をクリックします。



 
6)「管理」タブの、「設定のコピー」をクリックします。
「ようこそ画面とシステムアカウント」と「新しいユーザーアカウント」にチェックを入れて「OK」をクリックします。
 
 
 
7)管理」タブの、「システムロケールの変更」をクリックし、現在のシステムロケール一覧から
「日本語(日本)」を選択して「OK」をクリックします。
 
 
 
8)「今すぐ再起動」をクリックします。




以上で日本語化は完了です!