Knowledge Blog

主に Steps Recorder を使ってKnowledgeを記録するブログです。間違いや分かりにく部分があったらコメントください。

AmazonWebServices(AWS)WordPress構築シリーズ④ 〜Elastic IP(固定グローバルIPアドレス)の割当〜

 
AWS EC2インスタンスを作成した状態で割り当てられるIPアドレスは、動的IPアドレスのため再起動などで
違うIPアドレスに変わってしまいます。
 
DNS設定(次回記事紹介)をする前に、EC2インスタンスにElastic IP(固定グローバルIPアドレス)を
割り当てる必要があります。
 
 
前回記事の続きで作業を行います。
 
 
前提条件
EC2インスタンス作成済み
 
 
 
Elastic IP(固定グローバルIPアドレス)の割当
 
 

 

  • EC2ダッシュボードのから、Elastic IPをクリックします。

 

 
 

 

  • 「新しいアドレスの割り当て」をクリックします。

 

 
 
 

 

  • 「割り当て」をクリックします。

 

 
 
 
 

 

  • 固定グローバルIPアドレスが割り当てられました。「閉じる」をクリックします。

 

 
 
 
 
 

 

  • 割り当てられたIPアドレスをEC2インスタンスに関連付けます。

 

右クリックをして「アドレスの関連付け」をクリックします。
 
 
 
 

 

  • EC2インスタンスをプルダウンより選択します。

 

「関連付け」をクリックします。
 
 
 
 

 

  • 関連付けが成功したことを確認して、「閉じる」をクリックします。

 

失敗する際は、6の画面で「再関連付け」にして再実行してください。
 
 
 
 

 

  • 関連付けが完了しました。

 

 
 
 
 
Elastic IPをブラウザに貼り付けて、アクセス出来るか確認してみましょう!
 
 
注意事項
・新しいアドレスの割り当てを行い、インスタンスに関連付けを行っていない場合
料金が発生するので注意してください。
 
 
次回は、Route 53を使用してDNS設定を行います。
 
 

f:id:kllc:20180419231453p:plain