Knowledge Blog

主に Steps Recorder を使ってKnowledgeを記録するブログです。間違いや分かりにく部分があったらコメントください。

AmazonWebServices(AWS)WordPress構築シリーズ⑤ 〜Route53 パブリックホストゾーン作成/DNS設定〜

Amazon Route 53使用してDNS設定をします。
ドメインも取得できますが、今回はドメインを取得済みの前提で記事を書いています。
 
前回までの記事はこちら。
 
※月額料金が発生します。詳細はこちら
 
前提条件
・インスタンスEC2を作成済み  まだの方はこちら
・固定グローバルIPアドレスを取得済み →まだの方はこちら
 
 
パブリックホストゾーン作成/固定IPと紐付け
 
  • こちらよりRoute53へ遷移します。

 

  • Hosted zonesより「Create Hosted Zone」をクリックします。
  • 取得したドメイン名を入力します。
  • 今後、複数設定する場合もある為、わかりやすいようにコメントを入力します。

 

 
 

 

  • .net、org,co.ukなど4つの値が生成されました。「Create Records Set」をクリックします。

 

 
 

 

  • 固定グローバルIPアドレスと紐付けます。

 

ドメイン名にwwwがある場合などは入力します。ない場合は省略。
②固定グルーバルIPアドレスを入力します。
  Save Recordで保存します。
 
 
列「Type」でAが追加され固定IPアドレスと紐付けされたことが確認できます。
 
 
DNS(ネームサーバー)設定
今回のシリーズではムームードメインにて、ドメインを取得ました。取得方法はこちら
 
  • こちらよりネームサーバー設定変更画面に遷移します。
ネームサーバー設定変更をクリックします。
 
 
 
 
  •  
 ②「GMOペパボ以外のネームサーバを使用する」にチェックする

 

  • AWS Route53にて生成した、「.net」「org」「co.uk」「.com」を入力する。※最後の.は削除して入力する。

 

  最後に、「ネームサーバー設定変更」をクリックする。
 
 
 
 

 

  • これでネームサーバの設定は完了です。

 

 
 
 
設定反映には数時間から数日掛かるようです。筆者は1時間ほどで反映されました。
 
 
気長に待ちましょう。
 
 
 
 
 

f:id:kllc:20180419231453p:plain