Knowledge Blog

主に Steps Recorder を使ってKnowledgeを記録するブログです。間違いや分かりにく部分があったらコメントください。

Web Arena の VPS のCentOSの設定

1回設定したことがあったのに、忘れてたので・・

Web Arena の 安いVPSで、

とりあえず簡単に CentOSでのWebサーバー立てるときのメモ

SSH接続までは、たぶんマニュアルに載っているので割愛。

 

FTPのインストール

yum -y install vsftpd
service vsftpd start
chkconfig vsftpd on
 

アパッチのインストール

yum -y install httpd
service httpd start
chkconfig httpd on

 ファイアウォール設定(これを忘れてた)

firewall-cmd --add-service=http --zone=public --permanent
firewall-cmd --add-service=ftp --zone=public --permanent

systemctl restart firewalld

 

ユーザー追加

useradd (ユーザー名)

passwd (ユーザー名)

chown (ユーザー名) /var/www/html

 

 あとは、、ftpの設定ですね・・自由に。。

vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf

 修正箇所(リンク

anonymous_enable=NO

ascii_upload_enable=YES  (←行頭にある # を削除)
ascii_download_enable=YES  (←行頭にある # を削除)

service vsftpd start

こんなところかな。

 SELinuxの設定が必要だった。(ftpで書き込みできなかった)

setsebool ftpd_full_access on

これで全部OKのはず。

 

Web ArenaのVPSはおすすめ。

360円/月で固定IP使えるのは、最安じゃないかな。

DNSの管理をOffice365でやるとき、WebサーバーはIP固定じゃないレンタルサーバーは使えないですよね。(できる?)

一番安い固定IPのサーバーって、WebArena VPSかなと思います。

他に安いのあったらコメントください!